消費者金融の審査基準は比べられる?

消費者金融の審査基準を知って比較し、借りやすい所を選べれば確実に借りられると期待しますね。しかし、どんな消費者金融も審査の基準は明らかにしていません。

 

審査基準が分かってしまうことの弊害を見ておきましょう。

 

たとえば、年収の基準が明確だとしましょう。足りなければ本当のことを書かずに、基準に到達する金額を申告するのではないでしょうか。

 

勤続年数が足りない場合なら、もちろん長めに書いておくでしょう。誰だって借りられる方法がわかっているならそうします。

 

しかし、これでは消費者金融はきちんとした審査は一切できません。

 

返済能力を審査で確認したいのに、なにも分からなくなってしまいます。

 

審査を正しく進めるためにも、申し込み者の属性はありのままを知りたいものでしょう。調べても、費者金融の審査基準を比較することは不可能です。

 

口コミ情報などで「この消費者金融は通りやすかった。」「A社で落ちましたが、B社は可決になりました。」といったものも見かけます。しかしこの情報を寄せている方の属性と、自分の属性が同じということはありえません。

 

属性や借入状況などは個人差が大きいものです。参考にして申し込み先を選んだとしても、自分も必ず可決になるというわけではありません。

 

審査の基準は、実際のところは調べられないものと考えておきましょう。

 

申し込み者は、基準を比べるのではなくローンの利用方法、借入までの時間、金利や限度額といったローンスペックなどを比較して選ぶしかありません。